おいしい焼き芋研究室

日常

こんにちは、Hi*roomです!

食欲の秋です!

最近は焼き芋を自分で焼いて食べることにはまって、ほぼ毎日焼き芋食べてます♪

Hi*room
Hi*room

夏場はアイスクリーム作って食べるのにはまってました♪

で、焼き芋美味しく焼くのって意外と難しいなと思ったわけです。

あ、適当に焼いても普通に美味しいんだけど、納得のいく焼き加減にするのがちょっと難しいのです。

色んなレシピを参考に、低温でじっくり焼いてみたり、水につけてからとか、キッチンペーパー濡らして巻いてさらにアルミホイル。アルミホイルだけ。アルミホイルなし。などなど。。

色々試して作っていくうちに、サツマイモの品種や大きさによっても焼き具合変えていかないといけないみたいだなとか、自分なりに美味しくなる方法を日々研究している最中です♪

そんな焼き芋の、今まで作ってきた方法と感想をレポートしていきます!

サツマイモ品種別レポ

お芋は「皮ごと食べたい派」なので、皮ごと食べて美味しい私好みの焼き方を模索しています。

紅あずま

一番最近焼いたお芋。
芋のサイズは割と大き目でした。

【焼き方】

  • 洗ったお芋にアルミホイルだけ
  • グリルオーブン240℃で1時間
  • 焼き上がりオーブンにそのまま放置(予熱調理)1時間

【食べた感想】

  • ホクホクで甘くて美味しい♪
  • 身がぎっしりって感じで食べ応えがある
  • 大き目の芋だったので、1本食べるとおなかいっぱいになる
  • ホイルしたまま放置していたので、いい感じに皮もしっとりして食べやすい
  • この焼き方いいかもしれない!

低温で焼く方法とかを試していった後に、高温で焼いてみる方法を試してみた。

今回は大き目の芋だったからこの方法で美味しくなったのかもしれないな。

でももっと蜜が出るくらい甘さを引き出せる焼き方を試していきたい。

なると金時

芋のサイズは細長いタイプでした。

【焼き方】

  • 焼く前に水に1時間浸ける
  • 洗ったお芋にアルミホイルだけ
  • グリルオーブン180℃で1時間
  • アルミホイルを取って、グリルオーブン180℃で20分

【食べた感想】

  • 細い芋なのに高い温度で長く焼きすぎたかも…皮が固い
  • 中身はとても甘くて干し芋みたいで美味しい(でもやっぱり焼きすぎ)
  • いつも余った焼き芋は冷蔵庫で保存して次の日食べるけど、次の日更に水分が抜けてほぼ干し芋だった

水分飛ばすと甘みが増すって方法だったが、細い芋ではやめた方がいいということを学んだ。

シルクスイート

芋のサイズは普通のよく見る大きさタイプでした。

【焼き方】

  • 洗ったお芋に濡らしたキッチンペーパーを巻いてアルミホイル
  • グリルオーブン160℃で1時間
  • アルミホイルを取って、グリルオーブン180℃で30分
  • 焼き上がりオーブンにそのまま放置(予熱調理)1時間

【食べた感想】

  • 皮ごと食べるのに、皮がよく焼けすぎてしまって焦げたとこは剥いて食べた
  • 中身は水分が多くてしっとり甘くて美味しい(キッチンペーパーのおかげ?この品種だからかも?)
  • 味もしっとり感も好みで、焼き芋では今のところ一番好きな品種かもしれない

水分飛ばすと甘みが増す方法をこれでもやってみたが、温度をもう少し下げてあんまり焦げないようにした方が皮ごと食べる人には向いてそうです。

安納芋

芋のサイズは小ぶりでした。

【焼き方】

  • 洗ったお芋にアルミホイルだけ
  • グリルオーブン160℃で1時間
  • アルミホイルを取って、グリルオーブン160℃で1時間
  • 焼き上がりオーブンにそのまま放置(予熱調理)1時間

【食べた感想】

  • 小ぶりなのに焼きすぎた…ねっとり感がウリのはずが水分飛ばせすぎてねっとりせず
  • 中身は芋の味が濃くて、安納芋独特の酸味の様な感じもある
  • 前に安納芋食べた時も思ったけど、あんまり好みの味と触感じゃないみたい

うん、これこそ濡らしたキッチンペーパー巻いて焼く方法にすべきだった。
ねっとり感が持ち味なのに台無しにしてしまった。。💦

マロンゴールド

皮が白っぽくて中が黄金色というお芋が売ってたので試しに食べてみることに。
芋のサイズは小ぶりでした。

【焼き方】

  • 洗ったお芋をそのままノンフライヤー(エアフライヤー)へ
  • 麦芽糖が生成されるという温度、70℃で45分
  • その後170℃で40分

【食べた感想】

  • 柔らかくてねっとり食感
  • 麦芽糖生成されたはずだが、甘味は思ったよりあっさりしてる
  • この品種自体が甘味あっさり系なのだと後で知った

お芋の特徴を知らずに調理してたので、麦芽糖生成されてもあんまり甘くないんだ~とこの時は思って、それ以来この方法で焼き芋作ってなかったけど、別の品種でまた試してみるべきだなと思った。

現時点での焼き芋研究室まとめ

お芋の品種や特徴や大きさを考えず、ただ何となくその時見たレシピで作っていた私。

それでは納得いく焼き芋は作れない!とブログ書いて改めて思ったのでした。

まずは美味しいお芋を見分けられるようになって、それから大きさにあった調理法で調理するって基本的なことから始めないとね♪

また美味しい焼き方研究しよ~!

読んでいただきありがとうございます。
ではまた🖐

コメント

タイトルとURLをコピーしました